やったら後悔する!?全身脱毛のデメリットとは

施術にかかる時間と期間が長い

全身脱毛のデメリットとしてまず挙げられるのは、完了までに長い時間がかかる、という点でしょう。全身を対象としていますから、一回あたりの施術にかかる時間がパーツ脱毛よりも長くなります。また毛周期に合わせて繰り返し施術を受ける必要があるため、短期間では終わりません。実際にかかる期間はムダ毛の量や毛質によって異なりますが、最低でも1~2年はかかると見たほうが良いでしょう。施術期間中は日焼けを避ける必要があるため、普段以上に紫外線対策をする必要があります。脱毛完了までにかかる期間は、施術に使用される機器によって異なります。より短期間で施術を終えたいのなら、使用されている脱毛機器に注目をしてサロン選びをすることが大切です。

それなりの費用がかかってしまう

部位ごとにパーツ脱毛施術を受けるよりも、全身脱毛プランを選択したほうが、トータルで必要な費用を安く抑えることができます。しかし安くなるとはいっても、やはりそれなりの金額となってしまうのが一般的です。サロンによっては一括払い方式となっているため、初期費用としてまとまったお金を用意する必要が出てきます。月額払いタイプのサロンなら、月々分割をして支払いをすることができるため、経済的な負担を分散することが可能です。サロンやクリニックによって支払い方式が異なっていますので、無理なく通えるところを選びましょう。経済的な負担をなるべく少なくしたい、という場合にはキャンペーンや割引制度を利用するのがおすすめです。