全身脱毛の痛みに耐えられない!少しでも痛みを和らげる方法とは

乾燥肌の人は保湿を心掛ける

全身脱毛の方法の中でも主流なのがレーザー脱毛です。レーザー脱毛の痛みは輪ゴムではじかれたような痛みと言われることが多いですが、痛みの強さは体質によって変わってきます。痛みを感じやすい人の特徴の一つが、乾燥肌・敏感肌であることです。これらの人は肌のバリア機能が落ちている状態にあるので刺激に敏感になり、痛みを感じやすくなってしまいます。保湿を心掛けることである程度痛みを抑えることが可能です。脱毛するつもりがなくても乾燥は肌にメリットがないので、しっかりと保湿するようにしましょう。敏感肌の人は施術によって肌にダメージを受けてしまう可能性があるので、施術を受ける前に医師に相談するか、医療機関で施術を受けるようにすることをおすすめします。

不安なら麻酔もおすすめ

脱毛サロンやクリニックの多くはカウンセリングを行っています。痛みがないかどうか不安を抱えているのなら、スタッフに相談してみるのが良いでしょう。それでも不安が解消されないのなら、麻酔をしてから施術を受ける方法があります。麻酔は用いた施術は、医師が常駐している脱毛クリニックで受けることが可能です。脱毛では麻酔は、笑気麻酔と麻酔クリームの2種類が用いられることが多いです。笑気麻酔はガスタイプの麻酔であり、意識を鈍らせることで痛みを感じさせなくする効果がありますが、仰向けでいる必要があるために部位によっては使えません。麻酔クリームは皮膚に直接塗るために笑気麻酔ができない場合でも使えますが、効果が出るまでに時間がかかってしまいます。